いつもお世話になっております。

東京出張から帰ってきてくったくたな関です。
友人には「死にに行った」と言われておりますが
その実精神が行き帰りに行った、と自分を鼓舞しております。
楽しすぎて喉が枯れてしまいました。


業務の一環でショーを観に行ったのですが、
サイコー!だの
優勝〜!だの
オリンピック〜!など言い過ぎて喉が枯れまくり。

飛行機では中耳炎になってひとり悶絶。
耳の痛みで狂いそうになる
という初めての経験でした。

とても楽しかったです。 経験になりました、ありがとうございました。 今回のテーマ。 こちらもTwitterから疑問を拝借しました。 パパ活女子 何歳まで現役で居れるのか問題。

そのひとによる
絶対的需要があると断言できるのは20代
相対的需要があると断言できるのは30代



それ以上の年齢層の方々は
ぶっちゃけひとによる、です。



45歳以上の方がめちゃくちゃ現役でパパ活やってるという
お話を聞くと「わあ🥺すごい」と思います。


圧倒的に若いほうがサポートされやすいし
目に留まりやすいし、若いってだけで価値があります。

パパになる方に「自分は持っていないもの」
を持っている方が結局のところ、強いです。


若さ、はつらつさ、屈託のない笑顔、脆さ、
ハリのある肌、老化による恐れを知らない感覚
など成熟した大人にはない魅力に惹かれます。


30代はまだ男性様からの需要が、バリバリあります。
ただし、30代ともなると女性の個人差が出て参りますので
20代の時よりは一層パパ活で稼げる女性は絞られてくるでしょう。

兎にも角にも肌の管理はしっかりして
年齢はただの数字と思わせるようにしましょうね(*´∇`*)




え?お前関はどうだ?
そんな質問は野暮です。見向きもされません。


なんか現実と向き合うのがしんどくなってきました。ガビーン!!


寝ます。

PATOLO事業部
せきゆな